建売住宅のデメリット

完全に自分好みの家はなかなか見つからない

建売住宅は、自分の好みや意見が反映されているわけではないので、どこかしら不満が残る可能性はあります。特に住宅のような一生のうちでも非常に高価な買い物をする場合、少しの妥協もしたくない方も多いのではないでしょうか。しかし、建売住宅ではある程度妥協も必要になってきます。もちろん、ほとんど自分の理想に近い建売住宅が見つかる可能性もありますが、注文住宅よりもその可能性が低いことは検討しなければなりません。建売住宅はより多くの購入者にマッチするよう万人受けするデザインが施されていますが、コンセントの位置など細かい部分は住む当事者でなければわかりません。自分の生活スタイルに合わせた住宅がほしい、という方には向いていないのも事実なのです。

手抜きやローコストで建てられている場合も

基本的に建売住宅は、少しでも価格を安くするために材料費などが低めに見積もられています。つまり、上質な木材などが使用されているとは限りません。自分たち夫婦が住む分には持ちこたえてくれるかもしれませんが、子供達の世代まで家を残してあげたい、という場合には向いていないのです。そして恐ろしいのが、欠陥住宅であるパターンです。注文住宅は建築途中の様子を逐一チェックできますが、建売住宅の場合見えない所で手抜きをしていたり、それこそ低品質な材料を使っている可能性があります。全ての住宅がそうであるわけではもちろんありませんが、そうしたリスクも常に残されていることを覚えておきましょう。安価な価格帯は、それらリスクを含めてのものなのです。