注文住宅のメリット

自由な家造りができる

注文住宅の最大のメリットは、やはり間取りを自由に考えられることではないでしょうか。家族構成や生活スタイルに応じて最適な間取りを設計することができます。また、趣味の為の防音室や、可動間仕切りを使った可変性のある間取りなど、個性豊かなプランをつくることも可能になってきます。さらに、素材にもこだわることができるのも、メリットの一つです。壁をビニルクロスではなく塗り壁にしたり、床材に無垢材を使ったりなど、細部までこだわった家造りをすることができます。その為、インテリアにこだわりたい人にとってはとても魅力的でしょう。その他にも、設備面でも床暖房や浴室換気乾燥機、食器乾燥機など様々な設備の中から、取捨選択していき、自分たちの生活に合わせた内容にすることができます。

建築途中もしっかり確認できる

建売住宅では、もちろん完成した住宅しか自分たちの目で見ることができません。新築マンションでも、なかなか規模が大きすぎて遠くから眺めたりする程度で、自分たちの住まいを間近で見ることはできないでしょう。注文住宅であれば、着工の段階から完成まで建築工事中の現場を見ることができます。その為、建築ミスを指摘することができたり、疑問に思ったことはすぐに問い合わせて確認することができます。建築会社側も常にお客様から見られている意識が働いているので、きちんとした仕事をしてくれます。住宅は毎日、長年に渡って住み続けるものなので、躯体部分がしっかりとしていなければ安心して住むことができないですよね。注文住宅では全て見ることができるので、その後も安心して住むことができます。