注文住宅のデメリット

価格が高額になりがち

注文住宅は既存の住宅を購入するよりも価格が高くなりやすいというデメリットがあります。既に完成している住宅であれば、予算を決めて購入し、引っ越しするだけで自分だけの城が手に入ります。しかし、注文住宅では自分の住む家を自由にカスタマイズできるため、多大な費用が必要となります。アレも実現したいコレも実現したいといったように、最初に決めた予算をオーバーしてしまうことも多々あります。フルオーダーであれば設計から使用する素材にいたるまでこだわることが可能なため、お金に余裕のある人向けだと言えます。価格を予算以内に収めるためには妥協も必要です。無理に理想を実現しようとせずに、今後の生活のことも考えた計画的なマイホーム作りが必要となります。

住むまでの期間が長い

自分好みの住宅にするためには、お金だけでなく時間も必要です。新築や中古の住宅では購入するだけで住むことができます。注文住宅は自分の好きなように家を作ることができるため、入居までの期間が長くなりやすいのです。建物だけでなく土地などにもこだわると、住むのに最適な場所を探すだけでも長い期間を必要としてしまいます。数ヶ月経っても住宅を建てる場所が決まらない、なんて事態に陥ってしまうかもしれません。注文住宅に住むためには、あらかじめ住むまでの期間を決めておくとスムーズに入居することができます。早く住みたいからといって焦ってしまうと納得ができる住宅にはなりません。しっかりと計画を立てて注文住宅を建てるようにしましょう。

新築一戸建てを建てた時にもらえる補助金の種類は、すまい給付金やゼロエネ住宅補助金、地域型住宅グリーン化事業の補助金などです。